自分で巻き爪を改善したい!自宅でできる巻き爪ロボなどを使った方法!

自分で巻き爪を改善したい!自宅で出来る巻き爪の治し方3選でお伝えしていきます! 巻き爪ロボを使った方法もありますよ!
MENU

自分で巻き爪を改善したい!自宅でできる巻き爪ロボなどを使った方法!

靴を履くのも痛い、歩くのも痛い、触るだけで痛い・・・巻き爪のせいで、日々の生活に支障をきたしているという人は大変多いです。しかし、痛いからと言ってまったく歩かずに寝ているわけにはいきませんから、痛みをこらえて生活しているという人がほとんどでしょう。残念ながら、その結果どんどん巻き爪が悪化してしまうというケースが少なくありません。巻き爪の症状が悪化する前に、自宅で出来る巻き爪の治し方を知っておきましょう。

 

1.爪と皮膚の間に隙間を持たせる

皮膚に爪が食い込むと、炎症を起こしたり化膿してしまう原因になります。曲がって皮膚に刺さっている爪を少し持ち上げて、間にガーゼやコットンを挟んでおくことで爪が食い込むのを防ぎます。ただし、無理やり引っ張ってしまうと、その刺激で指先がジンジンしてさらに症状が悪化してしまうことも。無理のない範囲で行うのがポイントです。

 

2.ゆとりある靴を選ぶ

靴のつま先が狭いと、指を圧迫して巻き爪を悪化させてしまいます。少し大きめのサイズのものを選ぶか、つま先部分がゆったりした靴を選びましょう。女性の場合は、ポインテッドトゥなどは避け、アーモンドやラウンドトゥのものを選ぶと◎

 

3.足の爪を切りすぎない

頻繁に爪を切る必要はありません。深爪は巻き爪の原因になりますから、1か月に1回程度にとどめておきましょう。治し方を知ることも大切ですが、必要以上に爪を触らないことも大切です。また、爪を切った時に引っかからないように角を丸く落とす人がいますが、角を切ると伸びてきた時に皮膚に食い込みやすくなります。角は直角に切り落とし、やすりで軽く整える程度で十分です。

 

 

最後に、巻き爪ロボ

 

最後に、巻き爪ロボを使った方法の紹介。
巻き爪ロボは知っている方もいるとおもいますが、痛みなく巻き爪が治せる画期的な巻き爪矯正具
巻き爪ロボを使う方は年々増えています。
私も実際に巻き爪ロボを購入しました。

靴を履くのも痛い、歩くのも痛い、触るだけで痛い・・・巻き爪のせいで、日々の生活に支障をきたしているという人は大変多いです。しかし、痛いからと言ってまったく歩かずに寝ているわけにはいきませんから、痛みをこらえて生活しているという人がほとんどでしょう。残念ながら、その結果どんどん巻き爪が悪化してしまうというケースが少なくありません。巻き爪の症状が悪化する前に、自宅で出来る巻き爪の治し方を知っておきましょう。

 

1.爪と皮膚の間に隙間を持たせる
皮膚に爪が食い込むと、炎症を起こしたり化膿してしまう原因になります。曲がって皮膚に刺さっている爪を少し持ち上げて、間にガーゼやコットンを挟んでおくことで爪が食い込むのを防ぎます。ただし、無理やり引っ張ってしまうと、その刺激で指先がジンジンしてさらに症状が悪化してしまうことも。無理のない範囲で行うのがポイントです。

 

2.ゆとりある靴を選ぶ
靴のつま先が狭いと、指を圧迫して巻き爪を悪化させてしまいます。少し大きめのサイズのものを選ぶか、つま先部分がゆったりした靴を選びましょう。女性の場合は、ポインテッドトゥなどは避け、アーモンドやラウンドトゥのものを選ぶと◎

 

3.足の爪を切りすぎない
頻繁に爪を切る必要はありません。深爪は巻き爪の原因になりますから、1か月に1回程度にとどめておきましょう。治し方を知ることも大切ですが、必要以上に爪を触らないことも大切です。また、爪を切った時に引っかからないように角を丸く落とす人がいますが、角を切ると伸びてきた時に皮膚に食い込みやすくなります。角は直角に切り落とし、やすりで軽く整える程度で十分です。

このページの先頭へ